STORY-Sub

番外編について

元々、番外編を作る予定は無かったのですが、台本を書き終えて改めて見直した時&CV様のボイスを聞いた時…

・ラルド&ガイの絡みが少ない(てかCMぐらいしか無い)。

・ラルド&ガイ&ミル様の幼少期書きたい。

・エキストラ担当のCV様に何か名前のある役を与えたい。



…という、何とも自己中な理由で番外編作ろうと思いました(ぅわぁ)。
本当、快く参加OKして下さったCV様には大感謝です。

感謝感激雨嵐です。


ではでは、ここからは個別に裏話を。

〜番外編その1「10年来のShooting star」〜
目的の1つ、ラルド&ガイ&ミル様の幼少期話です。
(ちなみに、この話の後、ミル様は女王の位に就きました)
ついでに言うと、ラルド&ガイの絡みも実現という(笑)
プロット等は割とすんなり決まりましたね。
幼少期のケンカのシーンはどう言葉を言おうかと迷いましたが…^^;
この2人、大人になってからはケンカはあまり無いのですが、

酒に酔うとします。


下手をすれば、乱闘になるという(爆)。
何という大人気ない(笑)。

余談ですが。
ホウタがミル様に会う為に、ガイから教えてもらった隠し扉を使ったのですが、他にも城内にそのような所があります。
…モグラか、あんた(←ガイ)は(笑)。

ラルドとガイって、ミル様の騎士みたいだなぁとも思いましたね。書いていて。


〜番外編その2「君に捧げるMerry Xmas」〜
本編より一番長く、一番難産でした(笑)。
でも、書いていて楽しかったです^^
こっちは、エキストラ様がメインの話です。
通称「豆兄弟の奮闘記」(爆)。

盗み以外での方法でケーキGetまで至る流れをどうしようか、と悩みましたね〜。
アーモンドの方法(宅配業者に扮して、ケーキを1つくすねる)はすぐに思いつきましたが…。
ピスとナッツので悩んでいた所に、オフ友人である綿来からヒントを得て、あんな方法になりました。
……今思えば、かなりベタな方法ですが(笑)。

書いていて注意した事がありまして。

アーモンドとナッツを被らせないように。


…これ、どういう事かですが、同じボケのポディションなんで……(苦笑)。
でも、ナッツってアーモンドとかピスの言った事に対して「そーだそーだ!」と囃し立てたりするヤツなんですよ。
なので、それをどう表そうか、と気を使いました(笑)。

ちなみに、これに出ているラルドが悪役っぽくみえたのは私だけでしょうか?(苦笑)

そう言えば、「七色ケーキ食べてみたいです」とキャスト様からの感想も頂きました。
私も、食べてみたい(笑)。きっと、ゴージャスなケーキなんでしょうね。


〜番外編その3「子供達のMerry Xmas」〜
当初、3本目は作る予定が無かったのですが、(その1・2の)プロットとか書いていって、

主人公出てなくね?


と思い、急遽作ったものです。
中身は結構、ベタなものですが…^^;

この話で、ラルドが後編の一番最後に言っていた「フウル」母さんが出てきます。
本当、絵にかいたような優しいお母さんです。

この話を書いていくと、ハウィってお父さんっ子だなぁと思いました。
だって最後に「パパ、だーいすき!」って言ってますから(笑)。
ウィーザはお母さんっ子です。
なので、お母さんが亡くなった時は一番ショックだったんですが、それはまた別の話で^^;

ちなみに、この話、ラルドが出る予定は無かったのですが(既にその1・2で出ていた為と収録の負担をかけたくなくて)
いざプロットを作ってしまったら、どうしても出てしまう展開になってしまい…;(滝汗)
結果的に、番外編フル出演に……;
まままマジすみませ…(ラルドCVの)織倉様…;
とにかく、負担掛けないようにと必死こいて(修正の時に)台詞を削った記憶が…;
その2も、全体的に長かったのでうーうー唸りながら削りましたが。
(それでも本編より長い20分以上……)